スチームクリーナーが部屋に1つあると助かるワケ

 

花粉やPM2.5など、部屋の中は一見きれいに見えても、目に見えない雑菌やばい菌は残っています。
衛生管理は住む人や家族の健康管理につながる大切な問題です。
目に見えるごみやほこりは掃除機やふきんでとることはできますが、雑菌やばい菌は水拭きではかえって繁殖してしまうこともあります。雑菌やばい菌が繁殖すると、嫌なにおいも発生します。
そこで、スチームクリーナーの高温スチームによる殺菌が効果的です。
殺菌には洗剤も有効ですが、掃除する場所の素材によっては、変色や変質をすることがあるため、掃除をする場所によって洗剤やふきんを変えなくてはなりません。
また、子どもやペットがいる家庭では、大人では考えない行動をすることがあるので、拭き残しをした場所をなめたりすると危険です。
スチームクリーナーは、洗剤を使わずに、水でできた高温のスチームで殺菌しているので、乾いた後に薬品や洗剤が残る心配もありません。薬品や洗剤を使っていないので、家具や布など、材質を選ばずに使用できて、一つの道具で部屋中の掃除を済ませることができます。
洗剤や薬品を使わないので、ランニングコストが安くて経済的、掃除のパッドは洗濯をして繰り返し利用できます。

 

 

 

スチームクリーナーがホコリ汚れに活用できる本当の理由

 

ホコリは家の外だけでなく、室内にも大量に発生しているものです。
普段まめに掃除を行っていても、夜中に住人が寝静まり、空気が停滞する時間帯に空気中のホコリが家具や床などに落ちてきてしまいます。
しかし、こうした汚れはまめに拭き掃除などをすることで簡単に落とすことができますが、他の汚れの要因にこれらのものが付着してしまうと掃除を行うのが困難になる場合があります。
特に影響があるのが、キッチンなどの油を使用する箇所で、油が飛び散った箇所などにこのホコリが付着すると、通常の拭き掃除などでは中々落ちないものになってしまいます。
こういった状態を綺麗に掃除するには、油汚れ自体を除去する必要がありますが、時間が経ってしまったこうした汚れは中々落とすことができないものです。
こうした頑固な汚れに対応することができるのがスチームクリーナーです。
スチームクリーナーは高温のスチームを使用して、掃除する箇所の汚れを表面から浮かせることが可能です。
そのため、こうした時間が経ってしまった頑固な汚れでも比較的簡単に落とすことが可能です。
スチームを当てて浮いてきた汚れはウェスや雑巾などで簡単に拭き取ることが可能で、洗剤を使用する必要が無いのも大きな利点です。

 

 

スチームクリーナーで安心!ワンランク上のタバコ臭対策

 

石油ストーブやガスストーブのような、液体や気体の燃焼体を用いる暖房器具とは違って、高温の蒸気を管の中に循環させる方式の暖房器具であるスチームは、エアコンの場合と同じように、その室内の様々な臭気を吸い込んでしまいやすいものです。

 

このために、そうした臭気の中でも、特に匂いの強いタバコ臭を吸い込んでしまいやすいために、その匂い消しが不可欠のものとなってきます。

 

というのも、高温の蒸気が循環しているスチーム管の内部面には、水垢状の汚れが付着しやすいために、定期的にスチームクリーナーで、そうした汚れの洗浄をする必要があるのですが、特に匂いの強いタバコの臭気は、その汚れに吸い込まれやすくなっているのです。

 

そこで、スチームクリーナーで定期的に清掃を行うことで、スチーム管の中に吸い込まれているタバコ臭を取り除くようにしていれば、スチームからタバコの臭気が漂ってくる、といったことを防止できるようになります。

 

これは何もタバコ臭に限ったものではなく、エアコンの室内機と同じく、スチームの管の中には様々な臭気が住み付きやすいものなので、スチームクリーナーを使っての定期的な洗浄というものは、スチームのメンテナンスには欠かせないものなのです。

 

 

いざという時の味方!スチームクリーナーで消えない床のシミも解決

 

フローリングや畳、タイルカーペットなど、家の中の床には様々な素材が使用されています。
中には無垢の木材や大理石といった天然素材を使用している家も多くあり、デザインや機能性においても非常に優れた物が多くあります。
こうした天然素材の床は保温性や温かみがあるなど、快適な使用感が大きな特徴ですが、中には手入れに気を使わなければならないものも多数あります。
特に水分や油分が染みこむような素材のものは、飲み物などをこぼしてしまうとシミになってしまうことがあります。
こうした汚れを綺麗に掃除するには、専用のクリーナーなどを使用するのも有効ですが、シミが出来て時間が建ってしまったものは中々汚れが落ちないものです。
こうしたデリケートな素材の清掃に効果があるのがスチームクリーナーです。
スチームクリーナーは高温に熱した水蒸気を用いて、汚れを表面から浮かせることができるもので、頑固にこびりついた汚れも効果的に浮かせて落とすことが可能です。
また、洗剤を使用しなくても掃除を行うことができるので、素材を変質させてしまう心配が無いのも大きな利点です。
床掃除用に特化したモップタイプのアタッチメントが付属している製品もあり、より効率的に掃除を行うことが可能です。

 

 

スチームクリーナーを使ってみたい人はレンタルが便利

 

スチームクリーナーを使ってみたいけれども頻繁に使うものもなく置き場所もないので購入できないという方も多いのではと思います。
それならレンタルを検討してみましょう。
レンタルなら短期間だけ借りられますし一時的に利用するものですので置き場所に困ることもありません。
スチームクリーナーは主に大掃除の時に使うものですので一年に一度くらいしか利用しないのであればレンタルでも十分でしょう。
またいずれスチームクリーナーを購入してみたいと思っている人にもメリットがあります。
あらかじめ使ってみることにより買うべきかどうかを冷静に判断できる点にあるのです。
もしも自分の家では持て余してしまうと思うなら購入しなければいいのです。
一般で販売されているスチームクリーナーも貸し出ししていますので利用してみてください。
ちなみに利用料金は大体二泊三日程度で2300円くらいになります。
二泊もあれば十分に家中の掃除ができると思います、本体のみならず付属品もすべてついていますので借りたすぐその日から使えるのがいいところです。
タイプも好きなものから選べますので利用用途によって選ぶといいでしょう。
年末年始は利用者が多いのでその時期を避けて利用しましょう。

 

 

スチームクリーナー

 

気圧はどれくらい?商品選びで大切なスチームクリーナー基礎知識

 

年末の大掃除の時に、ベッタリとこびりついた油汚れなどにうんざりしてしまうことがよくあります。
時間や手間がかかりますし、汚れが酷いとそれだけで掃除する気力がなくなってしまいます。

 

しかし、最近非常にメジャーになってきたスチームクリーナーを使用すれば、しつこい汚れもすぐに落とすことが出来るのです。
特別な洗剤などを使わなくても水だけでいいので経済的です。

 

スチームクリーナーにはコンパクトタイプ、スティックタイプ、ハンディタイプなど様々なタイプがあります。
スティックタイプなら床掃除、コンパクトタイプなら換気扇などの部分掃除、ハンディタイプなら車内といった感じで、掃除したい場所や用途によって使い分けることがお勧めです。

 

またスチームクリーナーは主にパネル式(ポンプ式)とボイラー式の二種類があります。
それぞれスチームの発生方法が異なり、パネル式はすぐにスチームを発生させることが出来ますが、その代わり気圧や蒸気の温度は低めです。
逆にボイラー式の方はスチームを発生させるまでに数分掛かってしまいますが、その分気圧や蒸気は高めになります。
普段使いとしてサッと床掃除したりするにはパネル式のほうが時間が短縮されますし、しっかり汚れを落としたいときにはボイラー式の方がパワーがあります。
こちらも用途で使い分けるのをお勧めします。

 

 

ハンディタイプも好評!よく分かるスチームクリーナーの構造

 

スチームクリーナーは、高温のスチーム(蒸気)を汚れに勢いよく吹きつけ、浮かして落とす清掃用電機製品です。洗剤を必要としませんし、約100度のスチームによって、除菌効果もあります。スチームクリーナーには水を入れるタンクがあり、その中に入れた水がヒーターで暖められて蒸気となります。
そしてその蒸気は、ホースを通ってノズルの先から出て、汚れに吹きつけられます。スチームを発生させる方法には、ボイラー式とパネル式の2つの方式があります。ボイラー式は、密閉されたタンク内で水を暖めて、高温で高圧の蒸気を発生させる仕組みです。
パネル式のものは本体内部に鉄板があります。水が熱くなった鉄板を通過することで、蒸気となる仕組みです。したがって、この方式の違いはおのずと構造の違いとなります。また、スチームクリーナーは形状により、キャニスタータイプとハンディタイプの2タイプに分類されます。
キャニスタータイプはタンクの容量が大きいので、比較的長い時間使用することができます。掃除機と同じくらいの大きさの本体に、ホースとノズルがついています。ハンディタイプは本体が軽くコンパクトですが、その分タンク容量が小さいため、使用できる時間は短いです。
この2つのタイプは、内部構造に大きな違いはありませんが、大きさや重さ、形によって、使い勝手が違っています。